理学療法35巻10号

特集 筋機能Ⅰ:運動科学の概念に基づく筋機能に着目した基本動作の捉え方

  • 運動科学と理学療法
     【潮見泰藏,廣瀬 昇】
  • ・運動科学とは
  • ・運動科学の底流をなすBernstein問題と新しい運動制御モデル
  • ・理学療法に対するシステム理論の適用
  • ・運動科学の視点に基づく運動障害への対応
  • 運動科学の概念に基づく筋機能の理解
     【池添冬芽】
  • ・筋機能に影響を及ぼす筋骨格系因子
  • ・年齢および性別が筋機能に及ぼす影響
  • ・長期臥床,抗重力活動および身体活動量が筋特性に及ぼす影響
  • 運動科学の概念に基づく筋機能に着目した起き上がり動作の捉え方
     【対馬栄輝】
  • ・運動制御からみた動作の捉え方
  • ・運動科学としての筋機能の意義
  • ・起き上がり動作における筋機能
  • 運動科学の概念に基づく筋機能に着目した立ち上がり動作の捉え方
     【阿南雅也,徳田一貫,谷本研二,澤田智紀】
  • ・自由度問題と運動の協調
  • ・運動の協調と筋機能
  • ・椅子からの立ち上がり動作時の筋機能の特徴
  • ・エネルギーの流れと二関節筋
  • 運動科学の概念に基づく筋機能に着目した歩行動作の捉え方
     【金井 章】
  • ・歩行の運動学(歩行各相の役割と筋活動)
  • ・歩行の神経科学
  • ・歩行時のエネルギー代謝
  • ・加齢の歩行への影響
  • ・環境の歩行への影響
  • 運動科学の概念に基づく筋機能に着目した走行動作の捉え方
     【高林知也】
  • ・走行周期
  • ・走行動作時の筋活動
  • ・筋骨格モデル
  • ・走行動作時の下肢筋張力
  • ・膝関節圧迫力に対する筋張力の寄与度
  • 運動科学の概念に基づく筋機能に着目した上肢動作の捉え方
     【地神裕史】
  • ・上肢の筋機能に影響する出力系の理解
  • ・上肢の筋機能に影響する外界の環境とその調整
  • ・上肢の理学療法を行う上での新たな取り組み

●講 座

  • 臨床薬理学と理学療法13―パーキンソン病治療薬
     【伊藤猛雄,伊藤直子】
  • ・パーキンソン病の全体像
  • ・パーキンソン病の薬物療法
  • スポーツ競技種目特性に基づいた理学療法:評価から理学療法(予防,コンディショニングへの応用を含む)まで20―柔道:組み,投げ動作を中心に
     【濱中康治,中島啓介】
  • ・柔道にみられる外傷・障害
  • ・柔道における外傷・障害の発生メカニズム
  • ・外傷・障害に対するコンディショニングのポイント

 

<関連する特集・連載>

35巻 2号 歩行と理学療法Ⅰ:臨床歩行分析の基礎と実際

33巻 8号 上肢のスポーツ障害の理学療法における臨床推論

31巻11号 立ち上がり・着座動作障害と理学療法

運動器疾患の画像診断10~15 講座欄で連載