理学療法35巻9号

特集 脊柱Ⅱ:脊椎脊髄疾患に対する理学療法アプローチ

  • 脊椎脊髄疾患に対する理学療法アプローチの考え方―非特異的腰痛を中心として
    伊藤俊一,遠藤達矢, 小俣純一, 白土 修
  • 脊椎脊髄疾患に対する物理療法
    庄本康治,瀧口述弘,吉田陽亮
  • 脊椎脊髄疾患に対する徒手的アプローチ
    藤縄 
  • 脊椎脊髄疾患に対する治療器具を用いた運動療法によるアプローチ
    嵩下敏文
  • 脊椎脊髄疾患に対するセルフエクササイズ
    岩本博行,藤原賢吾,中山彰一
  • 頚椎頚髄疾患術後の理学療法アプローチ―手術回避の視点からの取り組みも含めて
    川崎洋二,髙島孝之
  • 腰椎腰髄疾患術後の理学療法アプローチ
    上原 徹,山田翔太,稲田 充

●講 座

  • 臨床薬理学と理学療法12―睡眠障害治療薬
    伊藤猛雄,伊藤直子

 

<関連する特集>

35巻 8号 脊柱Ⅰ:理学療法における脊柱の構造と機能の理解

運動器疾患の画像診断22~27 講座欄で連載

28巻 1号 増大特集 運動器疾患のみかた─的確・迅速な臨床推論のポイント