理学療法36巻10号

特集 スポーツ理学療法:動きの評価と動きづくりのための指導の要点   定価:1800円+税

    • 本特集で用いる「動きづくり」は,
      「各種スポーツ競技の競技特性と個々の選手の体力および動作能力の特性を踏まえて,
      傷害予防とパフォーマンス向上のための好ましい動きづくりを支援すること」という意味とします.

      そこで本特集では,スポーツ傷害の発生頻度が高いスポーツ競技における動きの評価と動きづくりのための指導の要点について,スポーツ現場の第一線で理学療法士ならびに公認アスレチックトレーナーとして活動しておられる方々に,下記の視点から述べていただきます.
       1)スポーツ現場での取り組み(現場目線からの取り組み)に絞って.
       2)「動きの評価」については,
        ①体力的な側面も含めたフィジカルアセスメントとしての動きの分析,
        ②実際の競技動作に近い動作の分析に分けて.
       3)「動きづくりのための指導」については,障害予防とパフォーマンス向上の両方の視点から.

    • スポーツ理学療法における動きの評価と動きづくりのための指導の現状と課題
       【日本福祉大学健康科学部理学療法学専攻 小林寛和・他】
    • スポーツ理学療法:野球選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点
       【石川ミリオンスターズ 片田敬太郎】
    • スポーツ理学療法:サッカー選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点
       【エスパルス育成事業本部 中山貴幸】
    • スポーツ理学療法:バスケットボール選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点 
       【佐久平整形外科クリニックスポーツメディカルグループ 兼子昌幸】
    • スポーツ理学療法:陸上選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点
       【トヨタ自動車株式会社リコンディショニングセンター 岡戸敦男】
    • スポーツ理学療法:バレーボール選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点
       【日本女子体育大学健康管理センター 板倉尚子】
    • スポーツ理学療法:ラグビー選手の動きの評価と動きづくりのための指導の要点
       【筑波大学体育系 竹村雅裕】
    •  

    ● 講 座

    • 理学療法士に必要な栄養学の知識5
       【医薬基盤・健康・栄養研究所健康長寿研究室 山田陽介】
    • 加齢に伴う運動器の変化と理学療法の視点2
  •  【鹿児島大学医学部保健学科臨床理学療法学講座 米 和徳】
  •    ※内容は変更する場合がございます.

 

<関連する特集・講座>

34巻 11号 スポーツ理学療法におけるコアスタビリティトレーニングの実際

スポーツ競技種目特性に基づいた理学療法:評価から理学療法(予防,コンディショニングへの応用を含む)まで 講座欄で連載