理学療法37巻6号 7月下旬発行予定

特集 理学療法のために知っておきたいパーキンソン病の最新の病態と治療   定価:1800円+税

「知っておきたい」という枕言葉は,
難しい疾患であるパーキンソン病について,「理解のためにポイントを絞った」特集を意味します.

 本特集では,
①パーキンソン病の病態生理と脳科学に関する最新知見
②パーキンソン病に対する薬物療法の最新知見
③反復経頭蓋磁気刺激療法において理学療法士に求められる知識
④脳深部刺激療法において理学療法士に求められる知識
を取り上げます.
 パーキンソン病患者により良い治療を提供するために,
理学療法士が理解しておくべきポイントに絞って述べていただきます.

 さらに,理学療法士が中心となって実施する
⑤行動療法,⑥摂食嚥下療法,⑦環境整備と生活指導
について最新の取り組みを知っておくことも重要であり,
それらの的確な実践のためのポイントを述べていただきます.

  • 知っておきたいパーキンソン病の病態生理と脳科学的知見
     【順天堂大学名誉教授 水野美邦】
  • 知っておきたいパーキンソン病に対する最新の薬物療法
     【日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科 伊藤猛雄・他】
  • 知っておきたいパーキンソン病に対する反復性経頭蓋磁気刺激治療の知識
     【東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科 木山 厚・他】
  • 知っておきたいパーキンソン病に対する脳深部刺激療法の知識 
     【名古屋市立大学大学院医学研究科リハビリテーション医学分野 植木美乃】
  • 知っておきたいパーキンソン病患者に対する行動療法
     【武庫川女子大学健康運動科学研究所 松尾善美・他】
  • 知っておきたいパーキンソン病患者に対する摂食嚥下療法
     【佛教大学保健医療技術学部理学療法学科 石井光昭】
  • 知っておきたいパーキンソン病患者に対する環境整備と生活指導 
     【訪問看護ステーション清雅苑 村尾彰悟・他】
  • ● 講 座

  • 加齢に伴う運動器の変化と理学療法の視点10
     【京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 青山朋樹・他】
  • 理学療法士に必要な栄養学の知識13
  •  【聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学科 矢部広樹】
  •     ※内容は変更する場合がございます.