理学療法36巻8号 8月末日発行予定

特集 高齢脊髄不全損傷患者への理学療法士の関わり   定価:1800円+税

高齢化の進行に伴い高齢脊髄不全損傷患者が増加しており,その対応が求められています.

脊髄不全損傷患者は不全麻痺を呈し,運動機能障害・知覚神経麻痺・膀胱直腸障害などが出現することから,整形外科医,リハ医,泌尿器科医,看護師,理学療法士,作業療法士,医療ソーシャルワーカーがチームを組んでの全身管理が必要となります.
このチームの中で理学療法士は,呼吸状態や血圧などの管理を行いながら離床を進め,身体活動を維持し,在宅復帰・社会復帰につなげることが求められます.

本特集では,まず整形外科的治療の概要と今後の展望について,受傷機序,病態および疫学的傾向を含めて述べていただきます.
次に理学療法の総論として,チーム医療への理学療法士の関わり方,患者の全身状態など理学療法評価および理学療法における注意点,若年期受傷者の高齢化に伴う諸問題について述べていただきます.
次に各論として,原因が異なる脊髄不全傷患者に対するチーム医療への関わりの実際について述べていただき,最後に,通所リハおよび訪問リハと,住環境整備への関わり方について述べていただきます.

  • 高齢者脊髄不全損傷に対する整形外科的治療の概要と今後の展望
     【京都府立医科大学大学院医学研究科リハビリテーション医学 三上靖夫】
  • 高齢脊髄不全損傷患者への理学療法士の関わりの概要
     【兵庫県立リハビリテーション中央病院リハビリ療法部 山本直樹】
  • 頚部変性疾患に伴う高齢脊髄不全損傷患者への理学療法士の関わり
     【星ヶ丘医療センターリハビリテーション部 宮下 創・他】
  • 転移性腫瘍に伴う高齢脊髄不全損傷患者への理学療法士の関わり
     【神奈川県立がんセンターリハビリテーションセンター 上原立資・他】
  • 胸腰部椎体圧迫骨折に伴う高齢脊髄不全損傷患者への理学療法士の関わり
     【東京医科歯科大学医学部附属病院リハビリテーション部 岡安 健・他】
  • 高齢脊髄不全損傷患者の通所リハおよび訪問リハへの理学療法士の関わり
     【訪問リハビリテーションちかもり 佐藤健三】
  • 高齢脊髄不全損傷患者の住環境整備への理学療法士の関わり
     【千葉県千葉リハビリテーションセンターリハビリテーション療法部 遠藤友樹・他】
  •  

● 講 座

  • 理学療法士に必要な栄養学の知識3
     【医薬基盤・健康・栄養研究所栄養疫学・食育研究部食育研究室 黒谷佳代】
  • スポーツ競技種目特性に基づいた理学療法─評価から理学療法(予防,コンディショニングへの応用を含む)まで28
  •  【新日本住設 山本 篤・他】

   ※内容は変更する場合がございます

 

 

<関連する特集>

・36巻  4号 退院前訪問指導における理学療法士の役割

・35巻  9号 脊柱Ⅱ:脊椎脊髄疾患に対する理学療法アプローチ

・33巻  7号 訪問理学療法の現状と課題