理学療法34巻3号

特集 回復期リハビリテーション病棟における理学療法の現状と課題

  • 回復期リハビリテーション病棟における理学療法の現状と課題
    松木秀行
  • 回復期リハビリテーション病棟と急性期・維持期との連携と理学療法士の役割
    斉藤秀之
  • 回復期リハビリテーション病棟におけるチーム医療の重要性
    後藤伸介
  • 回復期リハビリテーション病棟における脳血管疾患患者の理学療法
    中橋亮平,森田秋子
  • 回復期リハビリテーション病棟における運動器疾患患者の理学療法―大腿骨近位部骨折の場合
    井上靖悟,横山明正,大高洋平
  • 回復期リハビリテーション病棟における内部障害患者の理学療法
    山本智史,遠藤宗幹,鬼澤重光
  • 回復期リハビリテーション病棟からの自宅復帰と環境支援
    井手伸二,淡野義長,柴田昌知

●講 座

  • 運動器疾患の画像診断 21―下腿・足2:足関節・後足部疾患
     堀江雅史,古賀英之
  • スポーツ競技種目特性に基づいた理学療法:評価から理学療法
  • (予防,コンディショニングへの応用を含む)まで 3
     中本亮二