モビライゼーションPNF

モビライゼーションPNF

柳澤 健 (首都大学東京名誉教授) 監修
新井光男 (首都大学東京教授)   著

B5判 216頁 オールカラー 2009年
ISBN978-4-944026-50-0

定価 (本体5,000円+税)

 

※研修会の日程等のご確認はこちらからお願い致します.

 

mobilization_pnf-sample01-t mobilization_pnf-sample02-t mobilization_pnf-sample03-t mobilization_pnf-sample04-t

モビライゼーションPNF手技の特長

  1. 静的なモビライゼーションでは解決することができない動的な関節の障害(肩関節,脊椎,仙腸関節など)や痛みの改善(腰痛,上肢痛など),萎縮筋および痙縮筋などに適応できる.
  2. PNF運動パターンを用いた抵抗運動による筋力強化は,関節の安定性獲得に寄与する(スタビリゼーションの獲得)と同時に,痛みの軽減と,軟部組織・関節のモビライゼーションにより他動・自動関節運動を改善できる.

主要目次

  •  Ⅰ モビライゼーションPNF手技
  •  Ⅱ モビライゼーションPNF手技の効果の仮説と検証
  •  Ⅲ モビライゼーションPNF手技を理解するためのPNFの基礎
  •  Ⅳ 共同回旋促通手技(CRF手技)の具体的アプローチ
  •  Ⅴ 連結パターン促通手技(CPF手技)
  •  Ⅵ PNF運動パターンの中間域での静止性収縮促通手技(SCF手技)
  •  Ⅶ 痛みに対するモビライゼーションPNF手技の意義
  •  Ⅷ 腰痛とモビライゼーションPNF手技
  •  Ⅸ 上肢帯機能障害に対するモビライゼーションPNF手技
  •  Ⅹ 痙縮(脳卒中後片麻痺)・固縮(パーキンソン病)に対するモビライゼーションPNF手技
  •  Ⅺ モビライゼーションPNF手法による背臥位から立位への促通法